こちらの端末からのご注文はできません。

名刺印刷 名刺作成ならマヒトデザインにおまかせください!

マヒトデザインTOP  >  オフセット封筒印刷

オフセット封筒印刷envelopオフセット印刷

  • 無料デザイン デザインテンプレートを選択

    デザイン無料デザイン多数!

    サイズ:長3・洋長3・長4・角1・角2・角3

    お好きなテンプレートをお選びいただき、サイト上で利用できる「デザインメーカー」を使って、簡単デザイン作成!

    テンプレート一覧へ
  • おすすめ 長3封筒印刷

    片面フルカラー 50枚2,365

    サイズ:長3(120×235mm)

    定形封筒の中でもっとも大きなサイズです。定型郵便で安く送れ、サイズも大きいことから、とても良く利用されているサイズです。

    料金 詳細
  • 人気 角2封筒印刷

    片面フルカラー 50枚3,362

    サイズ:角2(240×332mm)

    定形外での発送になります。折ってはいけない書類の送付など、幅広く活用されているサイズです。

    料金 詳細
  • 洋長3封筒印刷

    片面フルカラー 50枚2,776

    サイズ:洋長3(120×235mm)

    長3封筒と同じサイズで、長い辺がフタになった横長の封筒です。定型郵便で安く送れるサイズの中で最も大きいサイズです。

    料金 詳細
  • 長4封筒印刷

    片面フルカラー 50枚2,551

    サイズ:長4(90×205mm)

    サイズは少し小さめですが、A5・B5の紙は三ツ折にすれば入ります。定形郵便で安く送れます。

    料金 詳細
  • 角1封筒印刷

    片面フルカラー 100枚24,202

    サイズ:角1(270×382mm)

    A4・B4を折らずに入れられる大きなサイズの封筒です。定形外での発送になります。

    料金 詳細
  • 角3封筒印刷

    片面フルカラー 100枚22,968

    サイズ:角3(216×277mm)

    A5・B5を折らずに入れられる大きなサイズの封筒です。定形外での発送になります。

    料金 詳細
オンデマンド封筒印刷はこちら

封筒詳細

取扱いサイズ

角1封筒(角形1号)
角2封筒(角形2号)
角3封筒(角形3号)
長3封筒(長形3号)
長3封筒(長形4号)
洋長3封筒(洋形3号)

→ 取扱いサイズについて

用紙のラインナップ

【標準封筒】
 ケント(白封筒)|クラフト(茶封筒)

【ナチュラル封筒】
 ブルー|ホワイト|ピンク|グレー|グリーン|アクア|クリーム

【再生紙】
 グレー|クリーム|スカイ

【透けない用紙】
 ケント|ホワイト|ブルー|グレー|グリーン|アクア

【のり(剥離紙)付き】
 クラフト|ケント

*サイズによってはお取り扱いのない用紙もございます。

→ 封筒の色を確認する
→ 封筒の貼り合わせについて

発送日(納期)

受付確定日から発送までの日数です。

3営業日|4営業日|5営業日|6営業日

*選択いただいた納期により料金は異なります。

*ご注文のサイズにより選択できる日数が異なります。

→ 受付確定・発送日(納期)について

配送料

送料無料です。宅配便でのお届けになります。

→ 配送料の詳細

見積り

完全データ作成用テンプレート

封筒サイズ

長3封筒(長形3号)

定形封筒の中でもっとも大きなサイズです。A4・B5サイズの紙は三ツ折にすれば入ります。
定型郵便で安く送れ、サイズも大きいことから、とても良く利用されているサイズです。

折らずに入るサイズ

A6、B7、はがき、名刺、証明写真、L版(L判)、クレジットカードなど

*長3封筒には予め郵便番号枠が印刷されております。

*データ入稿の際は、郵便番号の枠をデザインしないようご注意ください。

長3封筒
角2封筒(角形2号)

A4・B4を折らずに入れられる大きなサイズの封筒です。定形外での発送になります。
折ってはいけない書類の送付など、幅広く活用されているサイズです。

折らずに入るサイズ

A4、B4、B5、レターサイズ、はがき、名刺CDジャケット、証明写真 、L版(L判)、2Lなど

角形2号封筒
洋長3封筒(洋形長3号)

長3封筒と同じサイズで、長い辺がフタになった横長の封筒です。
A4・B5サイズの紙は三ツ折にすれば入ります。
定型郵便で安く送れるサイズの中で最も大きいサイズなので、一般的にとても良く利用されているサイズです。

折らずに入るサイズ

A6、B7、はがき、名刺、証明写真、L版(L判)、クレジットカードなど

洋長3封筒
長4封筒(長形4号)

定形封筒なので、定形郵便で安く送れます。
サイズは少し小さめですが、A5・B5の紙は三ツ折にすれば入ります。
A4よりも、A5やB5を多く使用する方に人気の大きさです。

折らずに入るサイズ

A7、B8、名刺、証明写真など

長4封筒
角1封筒(角形1号)

A4・B4を折らずに入れられる大きなサイズの封筒です。定形外での発送になります。
折ってはいけない書類の送付など、幅広く活用されているサイズです。

折らずに入るサイズ

A4、B4、B5、レターサイズ、はがき、名刺CDジャケット、証明写真 、L版(L判)、2Lなど

角形1号封筒
角3封筒(角形3号)

A5・B5を折らずに入れられる大きなサイズの封筒です。定形外での発送になります。
折ってはいけない書類の送付など、幅広く活用されているサイズです。

折らずに入るサイズ

A5、B5、レターサイズ、はがき、名刺CDジャケット、証明写真 、L版(L判)、2Lなど

角形3号封筒

既製封筒について

オフセット用 既製封筒
オフセット既製封筒画像
ハーフトーンカラー封筒
ハーフトーンカラー封筒画像

ハーフトーンカラー封筒(長3封筒)には、初めから郵便番号枠が印字されています。
オンデマンド用の「カラー封筒」と色の差はありません。

→ 封筒の貼り合わせについて

オフセット既製封筒画像
白封筒・茶封筒・再生紙封筒
白封筒・茶封筒・再生紙封筒画像
透けない封筒
透けない封筒

*印刷の仕上がりは、封筒の紙の材質によりインキが紙に沈む傾向があり、インキの発色やイメージが異なることがあります。
特にカラー系の封筒は下地となる封筒の色で左右され、色が沈む(若干暗く)傾向にあります。ご注意ください。

既製封筒の貼り合わせについて

弊社で取り扱っている既製封筒の貼り合わせ方法は以下の通りです。
サイズ・色・ご注文時の数量(大量注文等)により、適宜適切な封筒を使用しているため、お客様にお選びいただく事はできません。
予めご了承ください。

*印刷機の仕様上、裏面の貼り合わせ部分が表面にインクスジとして出てきてしまう恐れがございます。予めご了承ください。

センター貼り

張り合わせが中心にきます。
和封筒の王道的な貼り方です。

右サイド内貼り

のりしろが右側、被さる側の
広い面が上にくる貼り方です。

カマス内貼り

両側ののりしろが内側になった
貼り方です。

封筒について

封筒とは

封筒とは、一枚の紙の両端を貼り合わせ筒状にしたものを平たくして折り目をつけ、筒の底にあたる一辺を閉じて貼りつけた袋で、
手紙や紙類を入れて送付・保管するために用いられるものです。通常は紙でできており、用途に応じて様々なサイズが用いられていま す。また、軟質プラスチック製のもの(いわゆるビニール袋の封筒)も広く用いられます。
サイズには、長さ寸法が幅寸法の倍数よりも長い長形と短い角形、さらに寸法の長いほうに封入口がありダイヤモンド貼り又はカマス 貼りの洋形があります。。長形と角形の封筒をあわせて和封筒といい、また、洋形の封筒は洋封筒ともいわれます。
最もよく用いられるのは、長型3号というサイズの封筒で、A4・B5サイズの紙は3つ折りで入るサイズのものです。請求書や納品書など を送付する際に多く用いられます。また、同じくA4・B5サイズの3つ折り紙が入るサイズですが、横長(横書き)の洋型3号というサイズ も多く用いられます。
角型2号というサイズの封筒は、A4用紙が折らずにそのまま入るサイズで、一般的に用いられる封筒の中でも一番大きなサイズの封筒 で、折ることができない書類やカタログを送付する際に使われています。

オンデマンド印刷とオフセット印刷の違い

オンデマンド印刷は、印刷の際に「版」を使用せず、デジタルデータを直接出力する印刷方法です。そのため「版」にかかる機材や料金コスト、納期を抑えることができます。 印刷枚数によって1枚あたりの印刷単価が変化することはないので、大量に印刷すればするほど金銭的コストが上がっていきます。 家庭用プリンターやコピー機と比較すると、格段にキレイな仕上がりです。遠目であれば、オフセット印刷と見比べても見劣りすることはありません。
ただしオンデマンド機の特性上、ベタの範囲が広い部分はムラが発生しやすく,特に紙表面に凹凸のある用紙は、ムラが目立つためデザインには注意が必要です。印刷枚数が少ない、とにかく安く印刷するのに適しています。

オフセット印刷は、印刷の際に「版」を使用します。「版」を使用することによって、一度に大量の印刷を行うことが可能になり、時間分のコストを抑えることができます。 印刷部数が少ない場合は、1枚あたりの印刷単価が高く、金銭的コストが上がります。
オンデマンド印刷と比べ、オフセット印刷は細部までキレイに仕上がります。曲線やグラデーション、陰影などがオンデマンド印刷よりも優れた仕上がりですので、写真や色彩豊かなイラスト・画像を美しく表現したい場合には、オフセット印刷をお勧めします。
印刷枚数が多い、または印刷品質にこだわりたいデザインを作成するのに適しています。

PAGE TOP

取扱い商品一覧