こちらの端末からのご注文はできません。

名刺印刷 名刺作成ならマヒトデザインにおまかせください!

ホーム »  ご利用ガイド »  完全データ(.pdf)作成時の注意点

完全データ(.pdf)作成時は、必ず以下項目を確認してください

  1. ⅰ.データに不備が生じた場合、納期遅れ・印刷不良につながります。
  2. ⅱ.データ作成入稿をされる際は、再度データに不備が無いかご確認ください。
  3. ⅲ.【一般名刺】は「完全データについて」の*「Adobe Illustrator」ソフトで作成したPDFファイル、
    もしくは、弊社が指定するPDF作成手順で作成された「PowerPoint」ソフトによるPDFファイル。

*完成されたPDFデータを、Adobe社のAcrobatなどで修正された場合、PDFデータ上に新たに付け加えられた部分は印刷に反映いたしません。ご修正される場合は、必ずPDFを作成される前の元データをご修正のうえ、再度PDFを作成してください。

  • 仕上がりサイズについて
  • 塗り足しについて
  • フォントの埋め込みについて

完全データ作成に便利なテンプレート

POINT

マヒトデザインでは、完全データ作成に便利なテンプレートを各種・各サイズご用意しております。
ご注文と同じサイズのテンプレートをお使いいただくと、作成の際のミスを防ぐことができます。

データ作成用テンプレートはコチラから

仕上がりサイズについて

ご入稿いただくデータは、必ずご注文のサイズと同一のサイズで作成してください。
ご注文サイズとご入稿サイズに差異がある場合、どちらがご希望のサイズであるのか判断することができません。
その場合はデータ不備となり、印刷作業に進むことができず、データの修正と再入稿についてご連絡させていただきます。

ご注文のサイズと作成サイズが同一の場合は他の不備が無い限り印刷作業に進みます。 ご注文のサイズと作成サイズに差異がある場合はデータ不備となり、印刷作業に進めません。

塗り足しについて

塗り足しとは、仕上がりサイズから外側に3mm足した部分のことです。
この部分は断裁時に裁ち落とされる(切り落とされる)部分になりますが、紙のフチまで印刷をしたい場合には、この塗り足しが必ず必要となります。

デザインが塗り足し部分まで作成されている場合は、他の不備が無い限り印刷作業に進みます。 デザインが仕上がり線までしか作成されていない場合は塗り足し不明のため、印刷作業に進めません。

フォントの埋め込みについて

入稿いただいたPDFデータにフォントが埋め込まれていない場合、文字化けの危険性があります。
文字化けとは、正しく表示できるフォントがなく、別のフォントや記号に置き換わって表示されてしまう現象です。
この場合もデータ不備となり、印刷作業に進むことができません。データの修正と再入稿の必要がございます。

PDFデータを「Adobe Reader」で開き、[ファイル]→[プロパティ]を選択します。
[文章のプロパディ]のウインドウが開いたら、上部タブの[フォント]を選択し、使用しているフォントのリストを確認します。

「埋め込みサブセット」もしくは、「埋め込み」と表示されている場合は、印刷作業に進みます。 何も表示されていない場合は、フォントが埋め込まれていないので、印刷作業に進めません。

文字自体がアウトライン化されていることによって、フォント自体が存在しないデータもありますが、その場合も問題ありません。

入稿データのチェック体制について

弊社では、以下項目についてデータチェックを行っております。
その他の項目に関しては、お客様自身でご確認ください。

  • 規定の仕上がりサイズで作成されているか(1mm前後の誤差はそのまま印刷します)
  • 塗り足しは足りているか
  • フォントは埋め込まれて作成されているか

PAGE TOP