こちらの端末からのご注文はできません。

名刺印刷 名刺作成ならマヒトデザインにおまかせください!

ホーム »  ご利用ガイド »  デザインデータ作成時の注意点

デザインデータ作成時は、必ず以下項目を確認してください

データに不備が生じた場合、納期遅れ・印刷不良につながります。データ作成される際は、データに不備が無いかご確認ください。

文字切れについて

文字切れとは、仕上がり線ギリギリに配置された文字やデザインが、切れて仕上がってしまうことです。

どうして文字切れが発生するの?

印刷物は実際の仕上がりサイズよりも大きな用紙に印刷され、ご注文いただいたサイズ(内トンボ)にあわせて四方を断裁して仕上げます。

断裁は用紙を何百枚も重ねて行ったり、機械の振動の影響を受けたりするため多少のズレ(最大2mm)が生じることがあります。

断裁ズレが生じると、仕上がり線ギリギリに配置された文字やデザインが切れた状態で仕上がってしまいます。

左端と下端に配置された文字がきれてしまった!

文字切れを防ぐために

切れてはいけない文字やオブジェクトは、仕上がり線よりも2mm以上内側(緑の線内)に配置することで文字切れを防ぐことができます。

仕上がり線ギリギリに文字や重要なオブジェクトが配置されている場合には、文字切れの恐れがあるため、データ不備となり、印刷作業に進むことができません。

データ不備となった場合は、データの修正と再入稿をしていただく必要があるため、納期が遅れる事がございます。

文字切れを防ぐために

塗り足しについて

塗り足しとは、仕上がりサイズから外側に3mm足した部分のことです。
この部分は断裁時に裁ち落とされる(切り落とされる)部分になりますが、紙のフチまで印刷をしたい場合には、この塗り足しが必ず必要となります。

デザインが塗り足し部分まで作成されている場合は、他の不備が無い限り印刷作業に進みます。 デザインが仕上がり線までしか作成されていない場合は塗り足し不明のため、印刷作業に進めません。

どうして塗り足しが必要なの?

印刷物は、実際の仕上がりサイズよりも大きな用紙に印刷され、ご注文いただいたサイズ(内トンボ)にあわせて四方を断裁して仕上げます。
断裁は用紙を何百枚も重ねて行ったり、機械の振動の影響を受けたりするため多少のズレ(最大2mm)が生じることがあります。
断裁ズレが生じると、紙のフチに白色(印刷されていない部分)が出てしまいます。
これらの現象を防ぐため、紙のフチまで印刷が必要な場合には実際の仕上がりサイズよりも『外側に3mm』大きく(外トンボまで)作成していただくことが必要です。

塗り足しが無いまま断裁した場合

塗り足しが無いまま、仕上がりサイズで作成されたデータを印刷→断裁を行った場合を見てみましょう。

紙のフチまで印刷が必要な場合には実際の仕上がりサイズよりも『外側に3mm』大きく(外トンボまで)作成していただくことが必要です。

マヒトデザインでは、少しでも断裁ズレが発生しないよう、日々機械の検査・調整を行っておりますが、少しのズレも発生させることなく、色の境目ぴったりに切ることは現実的に不可能です。
たとえ0.1mmでも、紙端に白い部分が出てしまうことは、お客様の望む印刷物では無いと考えます。
お客様にご満足いただける仕上がりを提供させていただくためにも、塗り足し部分の作成をお願いしております。

デザインメーカーでの操作方法

文字切れと塗り足しの設定について動画で解説しております。
こちら(Youtube)から大画面でも確認できます。

PAGE TOP